代理店型で自動車保険に加入する場合

自動車保険に加入するためには保険会社と契約する必要がありますが、実際に保険会社まで行くのではなく代理店を通して契約するのが一般的です。そこで代理店型の特徴や代理店型での加入の際のメリットやデメリットについて紹介します。

代理店型の特徴とは?

代理店型自動車保険は、損害保険代理店を通して加入する自動車保険です。代理店の担当者と対面して手続きを行います。一方ダイレクト型自動車保険とは、インターネットや電話などを利用して契約者が直接損害保険…

代理店型のメリットとは?

代理店型で自動車保険に加入する際のメリットとして、わからないことがあればその場ですぐにたずねることができるというものがあります。保険の内容というのは素人には難しいものがあり、一体どのような補償がさ…

代理店型のデメリットとは?

代理店型は保険会社と被保険者の間に入ってサービスをわかりやすく簡略化してくれたり、お得な提案をしてくれるサービスなので保険に詳しくない場合には力強い味方となってくれる反面、それらのサービスや代理店…

通販型で自動車保険に加入する場合

従来の自動車保険は代理店を通す加入方法が一般的でしたが、最近では電話やネットを利用した通販型と呼ばれる自動車保険も増えています。そこで、通販型での自動車保険を検討している人にとって知っておくべき情報を紹介します。

通販型の特徴とは?

通販型の特徴に手続きをいつでもできるというものがあります。通販型は店舗を訪れたりスタッフが家に来て手続きを進めてくれない代わりに、時間を問わずに契約をしたいと思った時に契約をすることができます。イ…

通販型のメリットとは?

自動車保険に加入するのは必ずしもディーラーなどの代理店からでなくても良く、自動車を購入時に勧められても別途の加入が可能です。代理店であれば自動車購入契約のついでに保険に加入できるメリットがあります…

通販型のデメリットとは?

対面での相談をすることができない

通販型の自動車保険の場合、代理店が介在しないので、補償内容の選定や保険手続きなどに関する相談を対面で相談する担当者がいません。こういったことがあるので、自動車に関する保険に詳しくない人は、通販型は向いてないといえるかもしれないです。しかしながら、自動車保険を熟知している人や、インターネットを利用して関連する情報を調べられる人は、向いているといえるでしょう。通販型の保険の場合はちょっとめんどうかもしれませんが、保険料が代理店型より安いことが多いので、利用するメリットはあります。また人によっては、対面で話すと緊張して担当者の進められるまま契約してしまう人もいるかもしれませんが、ネット自動車保険だと自分のペースで話を進められるので、後悔しにくくなるでしょう。

知り合いに話を聞きにくい

通販型の自動車保険はメリットがあるのでシェアを拡大していますが、保険業界全体でみた場合、大多数の人から選ばれているとはいえない状況。顧客満足度や慣れているという理由などから、代理店型を選んでいる人がまだまだ多いです。保険料というのは支払う額が結構しますので、保険選びをする場合には慎重になるため、友人や知人におすすめを聞いてみたい人もいるでしょう。サービスを実際に利用している人の声は、とても参考になるものです。しかし、前述した通り、通販型を利用している人はかなり多くいるとはいえないような状況なので、自分が希望する保険に加入している人を探すのが難しい場合があります。その場合には、ネットで通販型の自動車保険を利用している人の口コミを紹介しているサイトがあるので、参考にするのがおすすめです。

© Copyright Take Out Car Insurance. All Rights Reserved.